2011年02月21日

社労士試験【ツボ式学習法】 坪義生 効果


半分の勉強時間で社労士試験に合格する方法

試験に出るところの絞込み方がポイントです

詳細はこちらをクリック


1日2時間半の勉強で約半年間、合計500時間程度の勉強で社労士試験に合格できる方法があります。


通常、1,000時間程度は勉強しないと社労士試験に受からないと言われているので、約半分の勉強量で合格できることになります。


しかも、知識ゼロから始めて、独学で勉強した場合の話なのです。


なぜ、こんな“非常識”とも思えることが可能なのかというと・・・


最大の理由は、世間一般で行われている社労士試験の勉強法が、かなり無駄の多いものだからです。これは、資格スクールの内部事情に詳しい方ならわかるはずです。


つまり、知らず知らずのうちに「試験に出ない知識」をたくさん勉強しているのです。


本当に試験に出る範囲に絞って勉強すれば、半分程度の勉強時間で社労士試験に合格できてしまうのです。


具体的な勉強の方法については、社労士試験講師歴18年の坪義生先生による、


【社労士試験にゼロから短期一発合格するツボ式学習法】


を参照してみてください。


詳細はこちらをクリック


【ツボ式学習法】を実践すると、試験に出るかどうかを自分で判断できるようになります。だから、合格に寄与しない部分の勉強をしなくてすむのです。


社労士試験は過去問をパーフェクトに攻略しても合格できません。毎年、過去問以外の部分の出題があるからです。


【ツボ式学習法】のメソッドなら、過去問だけでなく過去問以外の範囲についても、試験に出るところを特定することができます。


また、法改正事項は重点項目ですよね。高い確率で出題されると言われています。ただし、法改正事項全てが同じように出題されやすいわけではありません。


【ツボ式学習法】には、法改正事項のうち試験に出題されやすいところを見つけ出すツールがあります。もう、法改正事項は怖くありません。


このように、試験に出るかどうかを受験生自身が見極められるようになります。これがいかに有利なことか、改めて言うまでもないでしょう。


実は、【ツボ式学習法】はトータルに社労士試験合格をサポートする教材です。そのため、記憶術やメンタルコントロール法、試験直前期の対策、試験当日の対策など、多岐にわたる内容が盛り込まれています。


この勉強方法に従えば、通常の半分の勉強時間で合格が可能です。あなたの短期合格にも、きっと大いに役立つはずです。


詳細はこちらをクリック




坪義生先生の【社労士試験にゼロから短期一発合格するツボ式学習法】の効果、口コミ、感想などの情報を公開しています。【ツボ式学習法】に従えば、普通の半分の勉強時間で社労士試験に合格することが可能です。




社労士試験に122日で合格する勉強法 獅子原孝蔵 レビュー


社労士試験★フルスロットル講座 真島伸一郎 口コミ


勉強の説明書 効果 感想


posted by V-Edge at 17:15| 社労士試験【ツボ式学習法】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。